展示を終えて。ミレージャギャラリー[I'm Lovin' It!展]

2014.07.13 Sunday

【レポート】
5日と6日は野村さんの高校つながりの方がたくさんいらして、とてもにぎやか。フリー素材やイラストを用いた自作のオヤジギャグをおおきなサイコロにして展示されてました。9個、厳選された54発。限られたスペースでより多くの自信作を、"鑑賞者が手にとって"見るというスタイル。手にとって見ることが、おもしろかったです。水彩画もされるので、ギャグとのギャップでも楽しませておられました。

野村俊哉


入口はいってすぐは大久保さんのぬいぐるみ。作者の雰囲気がそっくりあらわれます。やさしくておだやか。パペットは手を入れるととたんに表情がかわるからおもしろいね!って共感しました。ジュゴンは多摩水族館のこに、惚れてつくったとのこと。かわいい。

ami大久保美江 http://atelier7ami.blog112.fc2.com/


展示期間中はご主人が何度かお見えになりました、イザワさんです。和柄の布をつかっても、造形がしっかりしているから、動物に見えます。目の周りの刺繍が丁寧です。ぬいぐるみ、いいなあ。

井澤佳織


福岡のひとだそうです。質感の異なるものを扱うアーティストさんの作品を見ると、すごいとしか言葉でないのですが、すごい。

大里リュート http://roof-run.com/blue/

 

切り絵をされる作家さん。立体がテーマということで、奥行きのある標本をつくられたり、くまぴょこという、あおっぽいくまのげんきなこを持ってきてました。額装はご主人がされるとか、すごい。

金子朗子 http://home.p01.itscom.net/akkomanu/


ガラスのアーティストさん。万華鏡を四点と、アクセサリ。ふちをはんだ処理されたり、古道具と組み合わせたり、器用なお方です。上品なんですが、なにかと独特なものを感じます。色合いなのか、間のとり方か、はっきりわからないのですが、新鮮な感じがしました。

しづく


ハンサムさん!おみやげありがとう、ハンサムさん!

ニシウラカズミ http://yaplog.jp/tantantan/


搬入の時から、常人でないオーラをひしひしと感じていました。絵の画伯に対する、立体の伯は何と呼べばいいんだろう…。すごいんです、動物園前さん。なにがって、手にとって見てください、とおっしゃった後に、すかさず「あ、これはマラカスですー。」と平然と振ってる姿とか。背中にたくさんなにかのってるぞと思えば、「これはオポッサムという動物で、うらはマチバリになって…。」と平然と説明するところとか。このオポッサムの背中にはこどもが31匹乗ってて、一度聞いても処理できないほど芸が詰まってます。そんなさらっと説明されても飲み込めないよって程に、鈴木さんのエネルギーがでかい。あまり書いて間違って伝わると申し訳ないのですが、お近くにお住まいの方はご覧になってほしいです。8月3日どこかのジャズライブのセッションでマラカスをつかうそうな。ぜひ。

鈴木動物園前 http://yaplog.jp/vivazoo/


ぼくの展示はこんなです。ちびっこをおおいめに連れてきましたよ。




7日には、もうすぐ個展がはじまる粘土作家のヨシオミドリさんがいらっしゃいました。鈴木さんとぼくのをご覧になって、スゲーーー!と賛辞の言葉をいただきました。ヨシオさんと鈴木さんの粘土作家同士による粘土対談が、サイヤ人同士がお互いのエネルギーを高めあってるようで、聞いてて熱くなった。

ヨシオミドリ http://chinashi.biz/
ヨシオミドリ紙粘土作品展ネンドパレード19
■7月28日→8月3日■
東京 中央区銀座1-22-8
フラッグギンザギャラリー
11:00→19:00(写真撮影大歓迎♪)

ご来場くださった方、遠方から応援してくださった方、なにかの拍子にブログにたどり着かれた方、ありがとうございます。次回のイベント出展は来春を予定しています。近々発表できることはあります。あと、写真撮って適当に載せるので、またよければお越しください!


横道佑器

コメント
コメントする