須田事務所に迎えられた従業員とみさんの話。

2014.12.11 Thursday

もう冬ですか。
(一か月すこしぶりの更新です。げんきです)



にっち倶楽部さんに掲載してもらって三か月。
冬号が届きました。
そうか、もう三か月経ちましたか。
にっち倶楽部



どれどれ。



浄瑠璃ひとすじ100年。

左手のピアニスト。

・・・。

いろいろな方がいるのだなあ。と見ていると。



読者のページ。



あ!



(以下、本文より引用)
須田社会保険労務士事務所 須田美貴(東京・葛飾)
こんにちは、東京の社労士の須田美貴です。先日、とみさんが掲載されているにっち倶楽部が届きまし・・・



とみさん!?



とみさんだ!



(とみさんとは、須田家に迎えてもらえた、くまである。くまだったと思う、たぶん)
須田美貴さんのブログに一面が掲載されております。どうぞ。



とみさんよ。

秋と冬にまたいで登場するだなんて。

今回は、須田さんがお仕事の取材を受けているのに。
本文を押しやって、真ん中に写っている。
難解そうな本を、なんという顔で、読んでいるのだ。
(須田さん、まことにありがとうございます。これからもお世話してください。ぺこり)



とみさんもお手伝いしているかもという、須田さんのご活動の一部。

NPO法人労働者を守る会という団体で、
よりよく働けるためにはどうすればよいか?
50代、60代の方から、アドバイスをもらい、
20代、30代のひとも含めて、
楽しいイベントを通じて交流を深めているそうです。

須田さんは
行政主催の「生涯現役社会実現職業生活設計セミナー」の講師を務めてこられたり、
本も出版されたり。



一冊ありますので、うちのこにも、もたせてみました。

なにをしてくれるかな。






「ご相談にのりますよ?」






「ええと、それではあの・・・





 ・・・・・なのですが。」






「そうですか。
 うちは、ごっこあそび専門なので、
 須田さんに聞いてください。」





そうか。

正直だ。



しかし、応対がドライすぎやしないか?





たしかに、むずかしい案件は須田さんに任せるのが正解。

それは適切な判断であった。

ぼくもそう思います。





でも、そこは、もうすこし遊んでよかったところだ。

むしろ、きみたちに求められていたのは、ファンタジーではないか?

どうだい?

もう一度なら、みんな許してくれると思うし、

やってみます?






「いいですよ。
 やりましょう。
 聞きましょう。
 何かお困りのことは?」






「お出かけするときの梱包材を、
 もうすこしリッチにしてください。」





な、なるほど。



2015年3月21日(土)、22日(日)
「ジャパンテディベアフェスティバル2015 in 東京」に出展する前に、
待遇の改善を要求しましたか。



あざといな。



たしかに、

あのふくろについて、言われたことはある。

こちらとしては、おおきさも手頃だし、
ほかにも使い道があるから、
重宝するのです。

だから、できれば許してほしいものです。





許してほしいです。





・・・。





許してもらえるかい?



それとも、プロに相談するかい?





(おわり)





ええ、ちょっと遊びが過ぎちゃいましたけど。

須田さん、いつもありがとうございます!



須田社会保険労務士事務所ホームページ
http://www.suda-sr.com/

須田美貴さんのブログ
http://sudamiki.sblo.jp/